FC2ブログ

Welcome to my blog

桂馬君の飛んでHappy

Article page

地域の障害者家族会で



3サークルイラスト


《三寒四温》


安定した温かさになって、早くさくらが咲く時期が来ないかなと待ちかねています。



さて、以前に、2,3度参加した精神障害家族会のお話をします。


主催は、地域生活支援センターと言って、精神障害を抱える人たちが地域でよりよく暮らす

ために活用できる施設です。


こちらでは、毎月の予定表を登録された方に配布していますが、ジャンルは幅広く、

書道、レクレーション、フットサル、ラジオ体操など多彩な行事が満載です。


地域と融合したいという色合いの表れでしょうね。


施設の詳細はこちらで。


参考<行事予定表>



ピア・サポート

仲間同士が相互に体験や感情を共有し支援しあう精神的支援活動が注目されていますね。


家族としての辛さや悩みを話すことで、「自分だけが悩んでいるのではなかった」「同じ悩みを持っている人がいる仲間がいるという新たな発見につながったらいいですね。


「一人で悩みを抱え込まないでほしい」と願っています。



では、前置きが長くなりましたが、家族会では、

その場の雰囲気が堅苦しくならないような様々なリラックス法を取り入れているようです。


他の家族会はあんまり知りませんが、こちらでは、誕生月別にグループ編成をしていました。


お互いはじめて会う同士でも、何か初めてじゃない気がしませんか。


どちらの家族会もお茶やお菓子をつまみながらの情報交換というスタンス

でしょうね。


家族会では、障害者を抱えた家族なりの共通する課題として


●「親なき後の気がかり」に応える福祉制度や支援活動はないのでしょうか?

●どうなれば安心できるのでしょうか?


 個人の努力だけではない「親なき後を支える仕組み」づくりが課題の一つに挙げられる

のではないでしょうか。


ご関心がおありの方は、こちらのサイト【ブログサークル】にお立ち寄りいただ

けたらと思います。


こんなこともやってるというアドバイスを是非聞かせてください。


併せて、ご感想やお気づきの点などお寄せいただければ嬉しく思います。



ではまた、ごきげんよう(^_-)-☆









関連記事
スポンサーサイト



Category - 福祉・障がい者支援

家族会 精神障害 情報交換 ピアサポート 福祉

0 Comments

Post a comment